セックスレスになってしまう原因は、生活環境の変化が起因となります。

セックスレスになる原因

 

セックスレスで女性の機嫌を伺う男性

 

セックスレスになる原因は人それぞれですが、もっとも多いのは仕事や生活環境の変化です。

 

ちなみに、第7回男女の生活と意識に関する調査によると、婚姻関係のある夫婦がセックスに積極的になれない理由は「仕事で疲れている」、「面倒くさい」、「出産後なんとなく」の3つ回答比率が高い結果が出ています。

 

この結果を見ても、なぜ面倒くさいとか、なんとなくといった感情を抱く理由が知りたいですよね?
カップルよりも夫婦の方がセックスレスに陥りやすい状況を考えると、セックスレスに多い原因が見えてきます。

 

結婚をキッカケに生活になる夫婦が多い理由

 

結婚した途端にセックスレス化する夫婦は少ないですが、結婚して1年前後など世間からは新婚と呼ばれるような段階でセックスレスになる夫婦が多いです。
ここで考えられる男性側の理由は以下の通りです。

 

  • 結婚という目標達成によってセックスへのモチベーションが下がった
  • 一緒に生活をすることで興奮しなくなってしまった
  • 結婚をキッカケに仕事へ精を出すようになって余裕を失った
  • 結婚前後に付き合っていた頃よりセックスが増えたことに対する反動
  • パートナーが結婚による幸せ太りで体型が崩れた

 

結婚をキッカケにセックスレスになる夫婦は、結婚前まで一緒に住んでいなかったケースが多いです。
結婚して一緒に住むとパートナーの裸や下着を見ても特別な感情を抱かなくなってしまいます。さらに一緒に住むことで、それまで見えなかった悪い部分が見えてくるため、結婚する前に比べて異性としての魅力を感じにくくなってきます。

 

ただし、結婚して早い段階でセックスレスに陥る場合、結婚する前の段階から問題を抱えていたいることが多いです。

 

男性としてはマンネリしてあまり乗り気ではなかったけど、パートナーの機嫌を取ったり、たまにはオナニー以外の方法で性欲解消したいと思い、面倒な気持ちを持ちながら妥協してセックスしていることが多いです。
そうなると、結婚という大きなイベントと生活環境の変化がキッカケに、独身の頃以上にセックスするのが面倒に感じてしまい、頑張ろうとする感情も薄れてしまいます。

 

一緒に住むとセックスとオナニーの立場が逆転する

 

独身でそれぞれ別に住んでいる頃は、オナニーはいつでもできるけど、セックスは一緒にいるときしかできません。
そこで、会っている時は今しかチャンスがないからセックスをしようといった展開に発展しやすいです。
しかし、結婚や同棲で一緒に住むと、セックスはいつでもできるけど、オナニーは家族の目を盗めるタイミングでしかできなくなってしまいます。

 

こうしてセックスよりもオナニーの方が貴重な機会だという考え方に変化すると、セックスに対するモチベーションが一気に下がってしまうものです。

 

 

ひとつの原因だと決めつけるべきではない

 

セックスレスの原因を問えば、「面倒くさい」、「仕事が忙しい」など特定の理由が返ってくるものです。
セックスレスの原因を作っている男性自身も、「マンネリ化してパートナーじゃ興奮しなくなった」など、理由を把握しています。

 

しかし、セックスレスの状況に陥るまでには、複数の小さい原因が積み上がっているものです。

 

一つの原因を解決するのではなく、一緒に過ごす時間や家での生活環境など根本的な問題から見直して、幅広い要素にアプローチしないとセックスレスは解決できません。

 

今現在セックスレスではない方も、将来のセックスレス化に向けて何かしらの前兆が出ているかもしれません。セックスレスの原因を追及したい方はセックスレスになる直前の状況まで掘り起こしながら思い当たる節を考えてみてください。