性欲を満たすためにライブチャットを利用するセックスレス夫婦が増えています。

ライブチャットで性欲解消

 

セックスレスの夫婦が行う性欲解消法として需要を高めているのがライブチャットです。特に専業主婦の人妻など女性側が性欲発散とお小遣い稼ぎを兼ねてライブチャットを始める需要が増えています。
男性側も仕事の都合でノートパソコンを持つ人が増えたり、個室ビデオなど自宅以外でライブチャットを利用できる場所の増加によって、以前よりもライブチャット参加者における既婚男性の比率が高まってきました。

 

そもそもライブチャットとは

 

ライブチャットを見るためのパソコン

 

ライブチャットとはインターネットを活用したビデオ通話機能を活用して、男女がエッチなやり取りを行うサービスです。
簡単に言えばLINEやSkypeのビデオ通話機能のようなものを応用して、素人女性が裸やオナニーを見せたり、双方がオナニーの見せ合いを行うものです。
1分100~300円前後の料金が発生し、女性は男性が支払う料金の一部を受け取れるチャットガールという仕事としてライブチャットを利用しています。

 

女性の裸やオナニーはエロ動画(AV)で手軽に見れますが、男性は自分の要望に応じて画面越しの素人女性がエッチなことをしていく姿に興奮したり、自分のオナニーしている姿を見てもらうことでエロ動画以上の快楽と満足度を得られるのがライブチャットの魅力です

 

ライブチャットをはじめる人妻が増加中

ライブチャットが普及した当初は、過去を含めて風俗店勤務経験者など、性的サービスを行うことに抵抗を持っていない女性比率が高かったです。
昨今では、これまで真面目に生きてきた普通の人妻がライブチャットを始めるケースが増えていて、男性側も本物の人妻素人が増えたと話題になって参加者が増える相乗効果が出ています。

 

ライブチャットを始める人妻が増えているのは、セックスレス夫婦の増加が関係しています。

 

旦那がセックスしてくれないので性欲が溜まり、なおかつセックスレスによってストレスが溜まると、お金を使ってストレスを発散したい衝動が増加するものです。
そこで、性欲を発散しながらお小遣い稼ぎを自宅から手軽にできるライブチャットに注目が集まっています。

 

夫婦間のセックスレスによって欲求不満になった人妻は、より刺激的なことを求めるようになり、知らない男性に見られながらオナニーすることに対して恥ずかしい気持ちよりも興奮する感情が上回っていきます。

 

今後もライブチャットの人妻系ライブチャットは、夫婦間のセックスレス問題が深刻化するにつれて市場規模が成長していくことでしょう。

 

ライブチャットは上手に使えば手軽に遊べる

 

既婚男性の場合、ライブチャットに興味があっても、使えるお金は限られている方が多いでしょう。
ライブチャットは1時間弱の利用で数万円の料金がかかってしまうこともありますが、賢く活用すれば限られた予算の中で手軽にオナニーできます。

 

具体的には登録特典のプレゼントポイントの活用、半額セールなどお得なキャンペーンの活用、1分100円のパーティーチャット覗き見モードなど単価が安いプランの活用などがあります。
お小遣いが少なくて風俗に行く金銭的余裕がない男性でも、ライブチャットなら1,000~3,000円程度の予算で効率よく遊ぶことができますよ。